Articles Comments

Diamond – WiseUp通販 » 指輪サイズ

指輪サイズ

このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Buzzurlにブックマーク @niftyクリップに追加 このエントリをつぶやく FC2ブックマークへ追加 newsing it! この記事をChoix! Googleブックマークに追加 Bookmark this on Delicious Digg This FriendFeedで共有

指輪のサイズを知る方法は収縮しない糸や紙、リボンで計る方法があります。

注意しなくてはならないことは、同じ人の同じ指でもサイズを変えて買ったほうがいいことがあります。

それは、指輪のに関係します。

幅が広い指輪は、サイズを大きめにしないと入らないことがあります

人の体はむくむこともあり、長い間には、サイズが合わなくなる場合もあります。夏場のほうがきつく感じるかの知れません。冬場は緩くなって落ちないのか自分の指を確認しましょう。

(抜けにくい時は、石鹸や油で滑らせ回しながらはずします。)

当店は、サイズが合わないことでの交換が出来ません。

指輪のサイズ直しは、宝飾屋さんでお願いする方法がありますが、デザインによっては、サイズを大きくも、小さくも出来ないことがあります一般には、輪の金属部分を切って広げて同金属を足してつなぎ合わせてサイズを大きくする、または、切り取ってつなぎ合わせる、ということをします。

石がぐるりと一周するようなデザインだったり、ピンクゴールドなどのように色の調合がさまざまに違うようなもの、複数の金属がコンビネーションになっているもの、ガラスなどの素材、などは直せないかもしれません。

また、貴金属であれば、直すことは考えられますが、一般に、Silver、PT100(Siler900のこと)K10のようなものは直さないものです。

直し賃のほうが高くなるからです。

指輪をはめているとサイズは変わらないようですが、はずしてしまうと太くなってしまったりすることもあります。

私は、デザインが年齢と合わなくなったり、サイズが変わってしまったら、そういったものを組み合わせてリフォームして新しいアクセサリ・ジュエリーを作ったり、ビーズやアクセサリパーツを組み合わせて違うものにつくり直したりしています。

いずれにしても、せっかく楽しむものです。サイズやデザインを良く考えて御購入ください。当店は冒険できるような「訳あり価格」のものもあるので楽しんでください。入門者は幅の細いデザインから選ぶといいと思います。


測り方

きつめに糸や幅3-4ミリの紙、リボンを、指輪をはめたい指に巻きます。指の曲げ伸ばしなどをして糸などがたるまないようきつめに巻きなおします。指の節が太い場合には節で測ります。指は曲げた時に太くなりますが、伸ばした時のサイズで測ります。指輪はたいがい付け根にはめますよ。付け根の方が細いはずです。重なっているところをペンで印をつけて外周を測ります。何度か測りなおしてください。

下表と照らしてサイズを決めます。ファッションリングなどのサイズと合わせて自分のサイズを確認しましょう。


日本サイズ 内 周 ISO/JIS
Japan Custom Size   近似値
1番 40.8mm 41号
2番 41.9mm 42号
3番 42.9mm 43号
4番 44.0mm 44号
5番 45.0mm 45号
6番 46.1mm 46号
7番 47.1mm 47号
8番 48.2mm 48号
9番 49.2mm 49号
10番 50.3mm 50号
11番 51.3mm 51号
12番 52.4mm 52号
13番 53.4mm 53号
    54号
14番 54.5mm  
    55号
15番 55.5mm 56号
16番 56.5mm 57号
17番 57.6mm 58号
18番 58.6mm 59号
19番 59.7mm 60号
20番 60.7mm 61号
21番 61.8mm 62号
22番 62.8mm 63号
23番 63.9mm 64号
24番 64.9mm 65号
25番 66.0mm 66号
26番 67.0mm 67号
27番 68.1mm 68号
28番 69.1mm 69号

Comments are closed.